道新 ミニコミ新道
わが家のアイドル実奈ちゃん●7歳
いつまでも優しい
お姉ちゃんでいてね。


バックナンバー
ミニコミ新道 468号 (2015.7.31)

 焼きたてのパイをコーヒーと一緒に!「お好きなパイを選んでください」
キッチンと販売を担当する笑顔のすてきなスタッフ。
左から坂本有紗さん、沼田愛さん、関恭子さん。
  かぐらじゅ姉妹店オープン

 焼きたてアップルパイとカフェ
 Pie Queen

  焼きたてアップルパイのお店「かぐらじゅ」(北28東8)の姉妹店が北区にオープンした。焼きたてアップルパイとカフェ「パイクイーン」という名の通り、焼きたてのパイと一緒にコーヒーも楽しめる。

 「車で来られない方のために、地下鉄などの交通機関が利用しやすい場所にしたかった」とオーナー・山谷玲奈さん。待望の2号店は地下鉄南北線・北18条駅1番出口から徒歩5分、西5丁目樽川通に面したひと際大きなマンションの1階。入って正面にパイのショーケース。好きなパイを注文して右手のレジへ進むとガラス越しにキッチンが見える。大きなオーブンから次々とパイが焼き上がる。淡いピンクの外壁の7階建マンションの
1階にくっきりと映える店舗。
駐車場もあります。 北海道産りんごがごろりと入った一番人気のアップルパイ(346円)、じゃがいも『インカのめざめ』を使ったポテトクリームパイ(324円)、アスパラ1本が入ったアスパラパイ(356円)のほか、当別町産いちご『けんたろう』を使用したストロベリーチーズパイ(367円)もおすすめ。「甘酸っぱさがしっかりとした人気のパイで、当店のみの限定品です」とスタッフ・沼田さん。いずれもこの季節に最もおいしい素材を詰め込んだやさしい味のパイばかり。テイクアウトもいいけれど、併設するカフェでひと休みして、焼きたてサクサクのパイをほおばってみては。
※表示価格は税込店内に同居するカフェ、「ナップサックコーヒー」。飲み物をご注文の方に限り、パイの持ち込みOK。
バリスタの淹れる本格コーヒーが味わえる。


■北20条西4丁目1‐16
  メゾン・ド・グルー 1階
■電話214・0425
■営業時間 10時〜20時
■年中無休
■駐車場あり

 特殊詐欺の被害に遭わないために。
 特殊詐欺被害防止セミナー & 葬祭セミナー

 特殊詐欺被害防止セミナー

札幌市市民まちづくり局地域振興部 区政課
地域防犯主査・出村憲史さん 7月7月(火)、やわらぎ斎場北光(北35東8)で特殊詐欺被害防止セミナーを開催しました。  札幌市の特殊詐欺による被害金額は、今年になって既に2億円を超え、被害者のほとんどは高齢者です。増加する一方の悪質な犯罪の実態と被害に遭わないためのポイントを札幌市市民まちづくり局地域振興部区政課地域防犯主査・出村憲史さんにお話ししていただきました。  「被害に遭うきっかけは、ほとんどの場合、自宅にかかってきた1本の電話から。電話を受けた後の次の行動で被害を未然に防ぐことは可能」といい、一つは「家族や親しい人に相談すること」、もう一つは「元の(自分が以前から知っている)電話番号にかけて確認すること」を挙げました。また、日頃より新聞記事などに特殊詐欺被害防止セミナー & 葬祭セミナー目を留め、今どんな詐欺が流行っているのか、どんな手口なのかを知っておくことも必要。詐欺の仕組みを知って防犯してほしいと話しました。

 エンディングノートの書き方

やわらぎ斎場 葬祭1級ディレクター
大塚周雄さん

 引き続き、やわらぎ斎場葬祭1級ディレクター・大塚周雄さんによる葬祭セミナーを開催。終活ブーム≠ノより注目される「エンディングノート」は、自分史や遺言などを書き残しておくためのノート。延命治療や自分の葬儀についての希望などを託すものでもありますが、「死を意識するというより生きることの指針≠ニして活用してほしい」と大塚さん。参加者全員に「エンディングノート」が贈られ、手に取ってページを繰りながら丁寧に解説していただきました。最後に「エンディングノートをきっかけに家族と話し合ってほしい」と結びました。



ページトップへ上へ