道新 ミニコミ新道
わが家のアイドルかえでちゃん●7歳
和樹(かずき)くん●1歳
慶吾(けいご)くん●11歳
たまにはケンカもしますが
にぎやかな仲良しきょうだいです。


バックナンバー
ミニコミ新道 498号 (2017.1.23)

「みなさまの善意」を福祉施設へ。

 さっぽろひかり福祉会、麦の子会へ各5万円

12月17日、さっぽろひかり福祉会クリスマス会にて。

 道新厚地販売所では、毎月15日に古新聞・雑誌・段ボールの回収(無料)を行っております。その収益金を積み立て、全額を区域内の福祉施設へ寄付・寄贈しております。

 昨年も、毎月たくさんのご購読者様はじめ地域のみなさまから古紙回収のお申し込みをいただき誠にありがとうございました。事後報告となりましたが、12月21日、麦の子会のクリスマス会にて。一年間の積み立て金を「みなさまの善意」として福祉施設へ寄付させていただきました。12月17日に社会福祉法人さっぽろひかり福祉会(上野武治理事長・北33東14)へ5万円を、同21日に社会福祉法人麦の子会(田村元理事長・北36東9)へ5万円を当販売所所長・厚地定明がお届けしました。 平成14年から始めた古紙回収積立金による寄付・寄贈の総額は96万円となりました。

ヒノマ〜ル祭に150名子どもスタッフが活躍!

小学校でなじみのある『ビリーブ』など2曲をハンドベルで演奏。美しい音色に一同聞き入っていました。

 ひのまる児童会館

 12月17日(土)、ひのまる児童会館(北38条東9)にてヒノマ〜ル祭が開催され、幼児から高校生、保護者・会館スタッフ合わせて約150名が参加しました。  午後1時30分、「スタート」の掛け声を合図にチケットを手にした子どもたちが、どのコーナーに行こうか迷いながら、ゲームコーナー、買い物コーナー、チャレンジコーナー、食べ物コーナーへと散っていきました。

 ヒノマ〜ル祭は「子どもたちによる子どもたちのためのお祭り」として小学生以上の子どもスタッフが企画・運営し、保護者・町内会など地域ボランティアの協力のもと開催される年に一度の恒例行事。これまで練習してきた成果を披露。大人顔負けのパフォーマンスに拍手が送られました。この日のために会場の飾りつけや景品作りなど準備に力を入れてきた子どもたち。当日も各コーナーで活躍する姿が見られました。「1年生の時はお客さんとして来て、2・3年生はスタッフとして参加している」という栄町小3年生の女の子は、「とても楽しいので来年もお手伝いしたい」と話し、ゲームコーナーを仕切っていました。パフォーマンスタイムには、子どもスタッフによるハンドベルとダンスが披露され、ぬいぐるみやヨーヨーが当たる大抽選会も行われました。

元気にはばたく色とりどりのトリたち。

みなさん、ご応募ありがとうございました!

 第4回 冬休み子どもおえかき大会

 今年の干支『とり』をテーマに、小学6年生以下のお子様を対象とした『冬休み子どもおえかき大会』を実施しました。昨年12月、折込チラシにて募集したところ、2歳から11歳まで45名が思い思いの作品を寄せてくれました。クレヨンや色鉛筆で描かれたかわいらしいトリ、かっこいいトリ、ユニークなトリたちの絵に元気をいただきました。ありがとうございます。後ほどスタッフが作品の返却と参加賞をお届けに伺いますのでよろしくお願いいたします。なお、応募いただいた全作品を10日から20日まで苫小牧信用金庫札幌北支店(北31東7)1階ロビーに展示させていただきました。

新年会 ---今年もよろしく--- 

カラオケの様子

 新道東町内会

 新道東町内会(井上秀勝会長)は1月8日(日)18時より、ホテルユキタ(北36東15)にて新年交礼会を行いました。参加者はカラオケ・ビンゴゲームを楽しみ、町内会の歴史をスライドで振り返りました。

 元栄町内会

 元栄町内会(木谷武会長)の新年交礼会は15日(日)11時30分より、ホテルユキタ(北36東15)にて行われました。北栄まちづくりセンター・藤川眞浩所長が祝辞を述べた後、テーブルを囲んで会食と歓談で過ごしました。恒例のカラオケやビンゴゲームのほか、「ビールの銘柄あてゲーム」や「コーラ早飲み競争」(男性はストローが穴あきというハンデ)、うーん、なかなか難しい…。下戸の人はノンアルコールビールで挑戦。缶で飲んだビールを指定された量ぴったりに残す「ビール飲みすぎゲーム」などユニークなゲーム大会で盛り上がりました。また、会場ロビーには、会員による絵画や写真、アイヌ文様の刺繍などのすばらしい作品が展示されました。

ページトップへ上へ